Welcome

ひのき屋日記

2022-03-03 10:03:00
PSX_20220304_104927.jpg

ひのき屋の事務所(株式会社ヒトココチ)では、オンラインショップにてひのき屋のCDを始めとしたグッズ等を販売しているのですが、ひのき屋だけでなく、仲間のミュージシャンのCD等も少しだけ販売していたりします。そして何を隠そう、オンラインショップでの一番の売れ筋商品はひのき屋ではなく、ウクライナの歌姫カテリーナのCDだったりします。なんと言うことだ・・・。

 

カテリーナは第001回のはこだて国際民俗芸術祭で初めて出会いました。バンドゥーラというウクライナの民族楽器を奏でながら美しい声で歌います。当時20代前半。人懐っこい性格で、日本語も堪能。ソロでの参加ということもあり、芸術祭期間中は市内の保育園や施設等でも気軽に演奏してくれました。以来、一緒にライブを作ったり、函館に招いて保育園で演奏してもらったりと、仲良くしています。その後も芸術祭には何度か出演してくれています。

 

ここのところ、カテリーナのCDの注文が立て続けに入っているようです。おそらくどこかでカテリーナのコンサートに行かれた方、もしくは最近のウクライナの状況に心を痛めた方が注文してくれたものと思います。「今ウクライナが大変だから彼女を応援しよう!」というわけではなく、今彼女の歌声を聴いてウクライナを身近に感じることは大切なことだと感じています。音楽や人を通してウクライナを少しだけ身近に感じ、少しだけ身内のような気持ちになる。そうすればテレビから流れてくるニュースも少し違って聞こえてくるかも知れません。そもそも国を越えて活動するアーティストというのはそういう役割も担っているんじゃないかと思うわけです。

 

カテリーナのCDはこちらから。

http://hitococochi.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A5%AB%A5%C6%A5%EA%A1%BC%A5%CA

 

連日の報道を見ながら、芸術祭や子どもフェスティバルで一緒に笑いあったロシアの人たちのこともまた気に掛けています。彼ら彼女らもまた辛い思いをしてるんだろうな。

 

兎にも角にも、平和がいいです。

 

(ワタナベ)


2022-03-01 16:01:00
決意表明。

これはあくまでもワタナベの個人的な想い。

 

ここ2年ほど、ひのき屋としての仕事はほとんどなくなってしまい、この間、これまでサブ的にやっていた学童に主軸を移して乗り切って来ました。1つだけだった学童も、この2年で3つに増えました。そして今、ひのき屋のライブが通常に戻ったときを見越して、ひのき屋メンバーが不在でも3つの学童がうまく回るような体制を整えています。新しいスタッフも続々と加わっています。

 

今日はひのてんで初めての「味噌づくり」をするというので、覗きに行ってみました。今日は「スタッフがやってみる日」とのことで、子どもたちが帰ってくる前の時間に、大人スタッフが楽しそうに味噌づくりにチャレンジしてました。やっぱり大人だって初めてのことはワクワクするものです。そんな様子を見ていると、この人たちがずっと楽しくやっていけるように、ひのき屋も頑張って稼がにゃならんなぁという気持ちになりました。やっぱりスタッフが楽しくやれてこそ、子どもたちも楽しく過ごせるというもの。それにこの2年、学童があってこそ生き延びて来れたひのき屋です。出稼ぎをして学童にその恩も返さねばなりません。

 

世の中のあれこれに揺らぎながらも、少しずつ「ライブ」に対しての制限や抵抗は薄れてくると思います。これからのひのき屋はいいライブを作っていくことは大前提ですが、「学童を守る」「学童スタッフを守る=子どもたちを守る」という意識もどこかで持っていたいと思うわけです。自分たちやお客さんの「楽しい」を追求しつつ、守るべきものを守るため、より一層頑張って行かねばと思っておる次第です。

 

(ワタナベ)


2022-02-14 14:48:00
[日記] 学童スタッフと臥牛館

ひのき屋ツアーが通常に戻ったときを見据えて、本腰を入れて学童のスタッフを募集しているところですが、なんだか面白いキャラクターが続々と集まってきております。どの学童でもなかなか支援員が見つからなくて苦労しているという話をよく耳にしますが、いや、確かに簡単ではないのですが、この人!と思った人には積極的に働きかけているので、一芸あり、一癖ありの大人とどんどん繋がっています。波長や条件やタイミングが合えば「ぜひスタッフに!」とお声がけするのですが、スタッフにはならずとも「企画やイベントのときには絡みましょう!」と、程よい距離感の関係が出来たりします。行動を起こすことで新しい出会いや繋がりが出来てくることは経験上わかっているので、絶えず動き続けること、挑戦し続けることが大切だなぁと改めて感じていているところです。

 

「カルチャーセンター臥牛館」にも着々と手が加えられています。わが社の制作部・イトウ(本業:照明)、ホンダ(本業:コントラバス)が、毎日館内のあちこちをトンチンカンチン。自分たちがより使いやすいようにリノベーションしています。なかなか楽しそうです。ここを「住むことの出来る場所」にしようとしてるんだとか。もちろん現状でも住めないことはないのですが、やはりシャワーくらいはあった方がいいとか、水回りをちゃんとしなきゃとか、いろいろあるわけです。諸々環境が整った暁には、貸物件として出されるかも知れません。そのときにはぜひ住居として、別荘として、セカンドオフィスとして、賃貸をご検討下さい。

 

ちなみに、現在は3Fのテナントが不動産屋さんに出されています。これからグングン面白くなっていくであろうこの臥牛館。押さえるなら今かも知れません。ひのき屋と一緒に、ここから「面白い」を発信していきませんか?(ただし、寒い。)

 

物件情報はコチラ↓

カルチャーセンター臥牛館3Fテナント

 


2022-02-12 18:11:00

先日ひのてんにホッケが届けられました。ひのてんスタッフも全く面識はなかったのですが、地元の漁師さんが突然連絡をくれて届けて下さったんだとか。

 

実はその漁師さん。私も面識こそなかったものの、何かの機会にその存在を知り、漠然と「この人は繋がっておきたい人だな~」と思ってインスタをフォローしていました。いつもの「野生の勘」ですね。ひのてんにいらしたときには私は不在だったのですが、ホッケをいただいたと聞いてすぐに「きっとあの人に違いない」と思ったのでした。

 

いただいたホッケはまずは子どもたちにスケッチさせたあと、みんなで美味しく食べたそうです。嘘か信か、魚が切り身で泳いでいると思っている子がいるとも言われる現代。とても貴重な体験をさせていただきました。

 

熊木さん。ありがとうございました!またのご来店をお待ちしております。

 

(ワタナベ)


2022-02-10 13:35:00
IMG20220209080911.jpg

先日ワタナベ&雨宮は旭川まで行ってきました。毎年3回行っている保育園の太鼓ワークショップです。いつもは3つの保育園を回るのですが、今回はマンボウもあり、2つの園が延期となってしまいました。まぁこのご時世、やむを得ないですね。誰も悪くない。

 

そんなわけで1泊2日の弾丸旭川ツアーとなったのですが、これはある意味延期になったことがラッキーでした。と言うのも、当初出発予定だったのは札幌周辺で記録的大雪が降った日。JRは全線運休。道路も大混雑大渋滞だったようです。ワタナベ&雨宮が函館を出た日は天候も落ち着いていて、道路も渋滞することなく、行きも帰りも終始スムーズでした。この時期の北海道の移動は「アタリもの」で、その日の天候がどうなるかなんてその日にならなければわかりません。過去には視界0メートルの猛吹雪の日もあれば、事故やら通行止めやらで複数の道路がすべて封鎖されてしまったこともありました。そんなわけで冬場はなるべく遠出は控えるようにしているのですが、仕事があればもちろん喜んで行きます!

 

今回延期になった園が実施可能になれば、近くまた旭川まで行くかもしれません。およそ8時間の冬道ドライブ。なんだかんだ言っても、やはり旅はいいもんです。

 


1 2 3 4 5 6 7 8