ホーム > 演奏依頼 > ひのき屋 わいわい音楽隊!(小学校芸術鑑賞教室・音楽公演)

ひのき屋 わいわい音楽隊!(小学校芸術鑑賞教室・音楽公演)

【企画意図・目的】 優れた音楽公演の鑑賞と体験活動を通じて、和楽器に対する興味関心を育てるとともに、世界に数ある異文化に対する理解を深めます。

  • たいこって、たのしいものなのさ! 音楽の楽しさを伝えるひのき屋の公演
  • 出会いから生まれる感動ー校内がひとつになる瞬間
  • 私語も吹き飛ぶインパクト! だれもが夢中になる、ひのき屋の公演

●たいこって、たのしいものなのさ!
ひのき屋は、これまで小中学生を対象とした「巡回小劇場」や、子ども劇場・おやこ劇場、そして保育園・幼稚園において公演を行い、子どもたちの心をつかみ続けてきました。その活動は国内にとどまら ず、台湾、オーストラリア、ドイツなど、海外の子どもたちにも好評を博してきました。

また、地元函館においては「わいわいファミリー音楽祭」を企画し、ブラスバンドと伝統楽器による横断的な共演を行うなど、子どもたちがほんとうに「たのしい」と思うような音楽活動を行ってきました。

●出会いから生まれる感動
ひのき屋「わいわい音楽隊!」の特色は、「まねっこ太鼓」「ピンポン球実験」など子どもたちの感性を刺激する、独自の演目を取り入れていることです。また、祭り囃子をベースとしたオリジナル曲は、子どもたちを飽きさせることがありません。

公演は、低学年と高学年が一体となって楽しむことができます。 終演後の感想文も、盛り上がっています。「音がキレいで感どうしました」「私もあんな風にえんそうしてみたいと思いました」「ひのきやの人たちはおもしろい人ばかりですね」「メチャ×2たのしかった!」 「手をたたいているうちに、手が痛くなりました」「また来て、次はもっとすごい曲をやってください!」。子どもたちとの心あたたまる交流。「出会い」から生まれた感動が、ここにあります。

●だれもが夢中になる、ひのき屋「わいわい音楽隊!」
ひのき屋の公演は、子どもたちにとって最適な内容です。

まず、祭り囃子がベースの伝統およびオリジナル曲なので、子どもたちを飽きさせません。和楽器を使う笑顔の絶えない内容で、お互いに楽しい時間をすごせます。また、海外の民俗芸術祭や異文化体験について、ユーモアを交えて伝えることができます。

次に、ひのき屋の公演は、「まねっこ太鼓」「ピンポン球実験」といった、子どもたちの感性をくすぐる内容を取り入れています。多くの教室で「ひのき屋ごっこ」が流行するくらい、子どもたちの想い出に深く残ります。

最後に、ひのき屋の公演は、期間を集中させることや、機材の工夫により、費用を安く押さえる努力をしています。基本的には、午前中に準備と公演を行い、午後に片付けを行います。

予算

日程と会場、対象となる人数に応じてお見積もりさせていただきます。

本件のお問い合せ先

株式会社ヒトココチ 管理部ふくだたくま TEL.0138-51-5727

ウェブでのお問い合わせはこちら

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。