ホーム > 演奏依頼 > ひのき屋・トラベリングバンド

ひのき屋・トラベリングバンド「チェンジ・ザ・ワールド」ツアー

【企画意図・目的】 優れた音楽公演の鑑賞を通じて、人と「出会う」機会をつくるとともに、夢とつながり、そして「変化」をもたらすこと。

  • 喜怒哀楽の「喜」に特化した、ユニークな公演内容。
  • メンバーとのこころ温まる交流。ひのき屋の感動をご一緒に。

●ひのき屋・トラベリングバンド〜「音楽は切符で、ひのき屋は船」
ひのき屋は1998年の結成以来、世界11の国と地域で公演を行ういわば音の旅人、トラベリングバンドです。小学生対象のプログラム「ひのき屋・わいわい音楽隊!」や、中学生以上一般対象の劇場プログラム「ひのき屋・トラベリングバンド」で、聴衆を魅了し続けています。その曲は、道民の翼であるAIR DOの機内放送にも採用され、 NHKほか各メディアにも定期的に取り上げられています。

また、「はこだて国際民俗芸術祭」の企画といった、地域での活動が評価され、北海道新聞社・第8回「北のみらい奨励賞」を受賞しました。機会をいただければ、皆様の住む街にも公演に伺います。

●喜怒哀楽の「喜」に特化したグループ
ひのき屋の演奏は、人々の冷え切ったこころを熱くします。老若男女幅広い年齢層に親しまれる、懐かしい感動が体を包みます。「世界で一番幸せなバンド!!!」「こんなにも、人のこころを掴んでしまって、いいものだろうか?」「自分も旅をしている気分になった」「軽妙にしてパワフルな演奏」「まるでお祭りのようでした」など、各界から前向きで明るい評価をいただいています。

一方で、旅人としての心象風景を、篠笛の息づかい、太鼓の振動、そしてギターの音色で繊細に表現します。たとえ言葉は通じなくても、体の芯にそのリズムとメロディーが響きます。

●旅をして人と出会う〜「人が変わっていく姿はおもしろい」
地方における芸術鑑賞事業は、特に年々厳しさを増しています。また、テレビ、インターネット、オンラインゲームなど、興味関心が多様化する一方で、人と人が直接出会う場所は減り続けています。

そのような中、ひのき屋は公演という場所を通じて、人と「出会う」場所をつくり、人々に「変化」をもたらしています。例えば、ともに汗をかく準備の段階から、公演に集まった人々に共通する感動の体験、そしてメンバーとのこころ温まる交流。トライ&エラーを繰り返しつつも、独自の音楽世界で道を切り開くひのき屋。その変化の過程を、一緒に体験してみませんか。

ご予算

公演種別に応じて、お見積もりさせていただきます。
●「ひのき屋・トラベリングバンド」一般向け劇場公演
●高校生対象・芸術鑑賞公演
●中学生対象・芸術鑑賞公演

本件のお問い合せ先

株式会社ヒトココチ 管理部ふくだたくま TEL.0138-51-5727

ウェブでのお問い合わせはこちら

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。