たいこ、ギター、篠笛、鍵盤ハーモニカ、ウッドベースに加え、海外で手に入れた楽器や手づくりの小物楽器などから繰り出されるインスト曲やノリのよい唄ものなど、多彩なオリジナル曲で魅力いっぱいのライブが真骨頂。最近では世界各地のフォークダンス曲にも取り組み、会場が一体となって踊るなどお祭り感にますますみがきがかかっている。
フランス、クロアチア、ブラジル、ギリシャなど海外公演も多数。
地元函館では「はこだて国際民俗芸術祭」を企画発案。北海道新聞社・第8回「北のみらい奨励賞」を受賞した。

ソガ直人 ソガ直人
奈良県出身。埼玉にある自由の森学園卒業後、北海道教育 大学函館校・同大学院で縄文土器の分析に熱中するかたわら、山登りやお祭り探訪を行うサークル「人間学研究会」を立ち上げた。2004年より、はこだて観 光大使。はこだて国際民俗芸術祭では芸術監督を担当。日々、文化や芸術、人々が交流する街のあり方を探求している。家庭では二人の息子の父親。



しまだめぐみ しまだめぐみ
京都府木津川市出身。ひのき屋では、主にたいこ・うたを担当。学生時代は1年休学し日本各地の芸能やお祭りを探訪。日本の文化の奥深さを知る体験を幾度となく味わった。東日本や東北の郷土芸能やワールドミュージックの知識、海外芸術祭の体験を生かし、ひのき屋の演奏の中核を担う。CDやグッズなどの企画も担当。



雨宮牧子 雨宮牧子
北海道岩見沢市出身。幼少時代はオホーツクの紋別で過ごした。6人兄弟の3番目。ひのき屋では、主にパーカッション・鍵盤ハーモニカを担当。ワタナベヒロシとともに、こどもたちにたいこの楽しさを伝えるワークショップ(体験型講習)も精力的に行っている。
また演奏活動の傍ら、学童保育「ひのてん」の中心的役割も担っている。



ワタナベヒロシ ワタナベヒロシ
北海道八雲町出身。函大有斗高校時代は陸上部で活躍。函館大学英文秘書科コース卒業。
フォークソングをこよなく愛し、大学在学時から街頭に立って歌いはじめる。ギター片手に旅に出た佐渡島でひのき屋メンバーと出会った。
最近車を捨て、自転車生活に。
こどものころの夢はプロレスラー。
私生活では、ふたりの小学生の娘をもつ父親。



本多 貴幸 本多 貴幸
埼玉県秩父出身。高校時代にひのき屋ライブの手伝いをしたことがきっかけで函館に移住。長い下積み生活を経て2017年4月、ひのき屋に正式メンバーとして加入。

上に戻る

パフォーマンス

国際イベントやフェスティバルを通じて、世界を旅するトラベリングバンド、ひのき屋。世界各地の音楽が日本の「祭り」と融合するジャパニーズ・ワールドミュージック。

ひのき屋ギャラリーはこちら

上に戻る

主な実績

海 外 - これまでに16の国と地域の国際芸術祭や野外フェスティバルで、単独公演を行ってきました。

ハンガリー 「国際交流基金ブダペスト日本文化センター主催公演(ブダペスト)」2015
ルーマニア 「在ルーマニア日本大使館主催公演(ブカレスト)」2015
韓国 「スタンフォード大学タイコインビテーショナル」2014
ハンガリー 「ソルノック公演」「メーデー記念公演(ソルノック中央公園)」2011
スロバキア 「震災復興支援イベント(トルナバ)」2011
チェコ 「イースターフェスティバル(プラハ旧市街広場)」「ブルノ公演」2011
クロアチア 「ザグレブ第43回国際民俗音楽祭」2009
ボスニア・ヘルツェゴビナ 「バシチャルシヤ・ノチ(サラエボ音楽祭)」2009
ブラジル 「日本ブラジル交流年認定事業・ひのき屋ブラジルツアー(ブラジリア、ゴイアニア、パウマス)」2008
シンガポール 「シンガポール伊勢丹北海道フェア(スコッツ店)」2008
ドイツ 「デュッセルドルフ・日本デー」2008
フランス 「リヨン・音楽の日」2007
ベラルーシ 「日ベラルーシ外交関係樹立15周年記念公演(ミンスク)」2007
クロアチア 「ザグレブ公演」「ザタール公演」2007
ボスニア・ヘルツェゴビナ 「バシチャルシヤ・ノチ(サラエボ音楽祭)」2007
オーストラリア 「レイクマコーリー姉妹都市公演」2007
オーストラリア 「ムンバ・ウォーターフェス(メルボルン)」2007
ブラジル 「リオグランデドスル州・日本人移住50周年記念公演」2006
フランス 「リヨン・音楽の日」2007
ギリシャ 「ナフプリオン国際フェスティバル」2005
ブラジル 「ノバプラタ第7回国際民俗祭」2004
台湾 「秋月の鼓舞ひのき屋ツアー(台北ほか)」2003
クロアチア 「ザグレブ第36回国際民俗音楽祭」2002
アメリカ 「スタンフォード大学タイコインビテーショナル」2001

※「ひのき屋欧州公演」は、国際交流基金の主催事業です。
※上記事項の一部は、国際交流基金、北海道文化財団、伊藤組100年記念基金の補助・助成事業です。

国 内 - 数千人規模の野外劇場や数百人規模の屋内会場、インストアライブ、学園祭、芸術鑑賞事業などに出演。

北海道内各町村「北海道文化財団アートシアター」2009-2011
岩見沢市 「いわみざわキタオン ジャズフェスティバル」2009
函館市 「はこだて国際民俗芸術祭」2008~
北海道内各町村 「北海道巡回小劇場」2007~
函館市「クリスマスファンタジー」2006, 2008
銀座・渋谷・札幌「Apple Store Special Event」2006
旭川市「ライブジャム」2005-2007
長久手町「愛・地球博」2005
石狩市「ライジングサン・ロックフェスティバル」2004

上に戻る

メディア掲載歴など

  • STVラジオ「函館発!恭子のスーパーステーション」はこだて日和・テーマ曲, 2012
  • フジテレビ「森のささやき」挿入曲, 2011
  • NHK「道南ライブアワー」はこだて国際民俗芸術祭, 2008
  • NHK「プライムH」歌えや踊れや世界の音楽, 2008
  • クナウマガジン『スロウ』誌「ひのき屋 函館発のトラベリングバンド」, 2007
  • AIR DO機内放送「Scene from Hokkaido」採用, 2006-2007
  • フジテレビ「ヤサイ、サイタ。」挿入曲, 2005-2006
  • NHK-BShi, NHK総合「迷宮美術館」挿入曲, 2005-2006
  • NHK「ふるさと発ドキュメント」音色つながれ~函館・若者たちの挑戦~, 2006
  • 邦楽ジャーナル刊『バチバチ』誌「旅するたいこ・ひのき屋のたいこ工房巡り」連載, 2005-2006
上に戻る

プロフィール

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。